トップへ
トップページへ
食歴・生活習慣と腸内環境の密接な関係
シンヤ・ビオジマにおいて最も重要な酵素(エンザイム)
腸内細菌と酵素(エンザイム)の関係
「シンヤ・ビオジマ」 7つのキーワード
「シンヤ・ビオジマ」 6つの実践法
Drシンヤについて
 

食歴・生活習慣と腸内環境の密接な関係

ドクター新谷は、約40年にわたり、アメリカと日本で35万を超える胃腸検診と10万例の食歴・生活習慣の調査結果から、健康でいきいきとしている人は年齢に関係なくきれいな腸をしており、逆に、悪い食生活をおくっているような人の腸相は非常に汚れていることがわかり、健康状態と加齢の速度は、腸相(腸内環境)や腸内細菌の状態と強い相関があり、健康な体作りは、まず胃腸を整えることから始まり、若々しく元気で長生きする秘訣は、胃腸をきれいに保つことだと結論付けました。

胃相と腸相の良し悪しは、生活習慣と食生活に起因されており、それをわかりやすく解くキーワードは、酵素(エンザイム)だと言えます。酵素とはあらゆる生命体に含まれるたんぱく質の触媒のことで、動植物の生命維持に必要な数千もの生理活動を支えています。例えば人間の体内には「消化酵素」と「代謝酵素」の2種類がありますが、胃で働く消化酵素は食べたものを分解し、消化しやすい形に変え、代謝酵素は細胞の新陳代謝を促し、解毒のために働きます。人間にとって不可欠な、この酵素は、腸内でも作られますが、不足しないよう、食物からも常に取り入れる必要があります。

胃相・腸相のいい人は、酵素の豊富な食物をたくさん摂っていますが、胃相・腸相の悪い人は、酵素の豊富な食品をあまり食べず、さらに酵素を消耗するような習慣をもっている場合が多いようです。

酵素を消耗させる行為とは、飲酒・喫煙・医薬品の常用・過食などがありますが、飲酒や喫煙は細胞膜を傷つける「活性酸素」を大量発生させ、過食は消化酵素を大量に消耗させて腸内に腐敗物を産みだし、毒素を発生させます。こうした体内の毒を除去してくれるのが酵素ですが、毒が増えると酵素は急激に浪費され不足してしまいます。 酵素が欠乏すると体調が悪化するだけでなく、腸相が悪くなり、腸内環境が悪くなると免疫力も低下します。あらゆる病気の根源は胃相・腸相の悪化と、それと相関関係にある酵素不足が関わっているのです。

「生命の源」ともいえる酵素(エンザイム)を活性化し有用に活用してそのエネルギーを体内に満たすために、日頃から蓄え過剰消耗しないような食生活・生活習慣、若々しく健康であるための秘訣が「シンヤ・ビオジマ」です。
::このページのトップへ::

シンヤビオジマにおいて最も重要な酵素
(エンザイム)

人間の体内には5,000種以上の酵素があるといわれており、日々の食事から必要な酵素を作っています。
酵素の種類がこれほど多いのは一つの酵素は一つの働きしかしないという特性をもっているからです。
たとえば、だ液に含まれる「アミラーゼ」という消化酵素は炭水化物だけに反応します。どのように作られているのかはまだ明らかになっていませんが、多くの種類の酵素は必要に応じて体内で生成されているといわれています。

では、特定の場所で特定の働きをするものが、決まった数だけ作られているのでしょうか。それはどうやら違うようです。
ドクター新谷は特定の場所で特定の酵素が大量に消費されると、身体のほかの部分で必要な酵素が不足する傾向があるという事実につきあたりました。たとえば、大量にアルコールを飲み、肝臓でアルコールを分解する酵素が大量に使われると、胃腸での消化吸収に必要な酵素が足りなくなってしまうのです。

このことから、ドクター新谷は、必要に応じて特定の酵素に作り替えられる以前の、どのような酵素にもなれる可能性を持った酵素があるのではないかと考えました。それが「ミラクル・エンザイム」です。
酵素は特定の場所で特定の働きをするものが、決まった数だけ作られるのではなく、まず原形となる酵素が先に作られ、それが必要に応じて作り替えられ、そして、必要な場所で使われるのではないかと考えたのです。

遺伝子と酵素=エンザイムの関係

ここ数年、遺伝子の解明が進んでいますが、酵素も遺伝子によってさまざまな作用が決められていることがわかってきました。
遺伝子解読の第一人者、村上和雄筑波大学名誉教授は、遺伝子が「酵素をつくれ」と命令しているといいます。しかし実際にはたらいている(スイッチオンになっている)遺伝子は、わずか5〜10%だそうですので、スイッチオンになる遺伝子が増えるほど、私達の潜在能力が生かされるようになります。
ドクター新谷は、遺伝子が「酵素をつくれ」と命令するときに「ミラクルエンザイム」が利用されていると同時に逆に「ミラクルエンザイム」が遺伝子スイッチオンへのよい影響を与えているのではないかと考えています。
「シンヤビオジマ」を実践すれば、食べ物から積極的に酵素を取り入れられるだけでなく、遺伝子のスイッチをオンにできるかもしれません。
遺伝子と酵素のバランスのとれた関係が、私達の生命エネルギーを活発にするのです。
::このページのトップへ::

腸内細菌と酵素(エンザイム)の関係

酵素を増やすには二種類しか方法がありません。一つ目は体内での生成方法で二つ目は食物から摂取する方法です。体内で作られる酵素には消化酵素と代謝酵素があり、その大部分は腸内細菌がつくりだしているといわれています。
腸内細菌が喜ぶような腸内環境を整える、つまり何をどのように食べるかが重要なのです。
食べ物や腸内環境が悪いと酵素は減ってしまうのです。酵素は体内にたまる毒素を解毒(デトックス)する事にも大量に消費されてしまいます。酵素が少なくなると、老化が早まり、病気を引き起こす原因となってしまうのです。
そうならないためにも「シンヤビオジマ」を実践して体内酵素を活性化させ、酵素を生み出す腸内細菌が、活発にはたらけるような腸内環境をつくることが大切なのです。
::このページのトップへ::
   
準備中 準備中 準備中